前期研修会員第3回研修会

4/23(日)に前期研修会員第3回研修会を開催いたしました。

当日は澄みきった快晴の下、早朝より第3回研修会を開催しました。

研修会は、鳥取青年会議所の3政策に関連するエリアをまわり、それぞれの場所で、事前にグループ分けした3グループが各政策について発表するものです。
田舎チーム@東浜海岸

グリーンチーム@JCしいたけの森

砂丘チーム@オアシス広場

これまでグループごとに調査、勉強、話し合いを行って作り上げた独自の議案を発表してもらいました。
どのグループもよく考えて自信を持った素晴らしい発表でした。
鳥取青年会議所がどのような事業をし、それがどのように作られているか、研修会員の皆さんの理解が少し深まっていただけたのではないでしょうか。

発表後は各エリアをみんなで清掃しました。

午後からはクリード等の暗唱テストを行いました。
正直皆さん準備不足の感は否めませんでしたが、それでもなんとか言い切ろうと努力する姿、研修会員同志でアドバイスをしたり受けたりといった頑張っている姿も見ることが出来ました。

第3回の研修を終えたことにより研修会員の皆さんが正会員になる日も近いですが、最後まで気を引き締めていきましょう。

(谷川)

人間力開発委員会第20.21回

4/10、4/17に人間力開発委員会第20回、21回委員会を開催しました。

4/23日の第3回研修会に向けて研修会員の進捗状況やメンバー各自の役割分担を再度確認して第3回研修会に臨みます。

研修会員も第3回研修会に向けてグループで集まり、しっかりと自分達の考えを意見を出し、話し合うことでグループのまとまりも生まれてきているようです。

第3回研修会に向けて研修会員と共に頑張ります。

(谷川)

人間力開発委員会 第17回委員会

人間力開発委員会 第17回委員会の委員会開催となりました!

今回は前回に引き続き人材育成プログラムについて、また前期研修会員の研修会へ向けての各担当の確認事項を行いました!

その中でも今後の研修会員が各チームに分かれて発表を行う事が重要になってくるので、当委員会メンバーも情報交換を活発に行い臨んでいきます!

PS.今日は袋川土手沿いの桜の蕾を見ました、今年の開花予想は4月5日前後だそうです。春の訪れが待ち遠しい今日この頃です^^

人間力開発委員会 副委員長 梶川

人間力開発委員会 第16回委員会

お疲れ様です。

人間力開発委員会 第16回目委員会の委員会開催となりました!

今回は人材育成プログラムの構築に向けて、会議所メンバーへのアンケートを行った取りまとめと考察を行っております!

この考察の部分が非常に大事となり、今後の内容に大きく関わってきます!!

人間力開発委員会 副委員長 梶川

人間力開発委員会第14回委員会

2月8日、第14回委員会を開催しました。

本日は第1回の研修会の補講の後の少し遅いスタートとなりました。
産業会館で委員会を行うのはこの委員会14回開催にしてお初です。

2月9日の第2回研修会のシュミレーション、資料確認を行いました。
研修会員の皆さんのためにもよりよい研修会になるよう頑張ります。img_0198img_0197

前期研修会員第1回研修会補講

2月8日、前期研修会員第1回研修会の補講を行いました。

補講に参加した2名の研修会員はメモを取りながら当日の映像を真剣な様子で見ていました。
当日と同様に名刺交換の練習も行いました。

翌日2月9日は第2回研修会となります。
人間力開発委員会も研修会員の皆さんと共に学んでいきます。img_0196

JCIセミナー《 VMV・Achieve》

 

こんにちは。2月4日(土)は研修会員の必修項目となるJCIセミナー《 VMV・Achieve》が開催されました!!県外からJCIセミナー公式トレーナーの天野トレーナーと村上アシスタントトレーナーを招いて、更に当青年会議所からも澤田アシスタントトレーナーが参加する《 VMV・Achieve》から構成する4時間半に及ぶJCIセミナーでした!

 

2017年度前期 研修会員も緊張感を持ちながらも、天野トレーナー和やかで親しみやすいトレーナー運営の元でJCIセミナーを行っていただきました!

 

 

主に《 VMV・Achieve》とでは

VMVいわゆるJCIトレーニングライブラリーのプログラムの翻訳版です。このプログラムでは、JCが何をするところか良く考え、自分達の運動の方向性を探ります。

JCI Achieveは、LOMの意義や目的を、事例研究やディスカッションにより理解するコースです。

 

これらを受講することで未来を担うJAYCEEとしての意識を醸成していくのです!4時間半という長い時間での2部構成で行いながらもセミナーが終わった時の研修会員の顔には自信と希望に満ち溢れていた様にも見えました。

この旅は開催に辺り多くの方にご協力して頂いた事も、この場を借りて深く御礼を申し上げます。

人間力開発委員会 副委員長 梶川